スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサヒハナゴイ 写真の撮り方

asahihanagoi01

アサヒハナゴイ(2012年伊豆大島の秋の浜にて撮影)




● アサヒハナゴイの特徴



・背中に赤いストライプが入る、相当美しい魚です

・写真の通り、尾びれのフチなどが青くなり、やばいです

・幼魚もむちゃくちゃ可愛いので、すごいです!

・群れることもあるようですが、浅い水深では、他の魚に紛れていることが多いです。主にキンギョハナダイかな

・アカボシハナゴイと似ていますが、全然違います。アカボシハナゴイは、尻尾の付け根に、横長の赤い模様が入ります

・ハナゴイという名前だけあって、顔が長細く、動きも早いです。深くて速いとか反則です

・幼魚は臆病で、勢い良く近づくとすぐ岩場に隠れます。注意が必要です

・レア度:★★★★




● アサヒハナゴイを見られるダイビングポイントの例



・伊豆半島以南、大島、八丈島、高知、沖縄、パラオなどの西太平洋にいるそうです

・大瀬崎やIOPでは深いようですが、大島の秋の浜では40メートルジャスト付近で見られます

・秋の浜では幼魚もよく見ますが、アサヒの根では成魚にも会えました

・その昔、アサヒの根にはアサヒハナゴイが群れいたそうです(それでアサヒの根という名前がついているそうです)




● アサヒハナゴイの撮り方



・成魚は、相当動くので覚悟が必要です。追い回さずゆっくり近づきましょう

・よく動くだけあって、意外に近寄ってくることもあります

・各ヒレを立てさせると、フチがかなり綺麗な色なのですが、なかなか開いてくれません。上の一枚は本当にラッキーショットです

・ygは小さくてピントが合わないうえ、岩に張り付いているので、黒貫も困難です。でも可愛いので、いつかしっかり撮りたいですね

・かなり手強い相手なので、愛を持って、何度も頑張るのが一番重要かもしれないです笑


▼参考までにハナダイの撮り方について説明したリンクを張ります

アサヒハナゴイの写真をうまく撮るコツ(ハナダイ 写真の撮り方)
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。