スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水族館 写真撮影のコツ

suizokukan01

シュモクザメ(2012年海遊館の中央水槽にて撮影)




● 水族館での写真撮影も楽しい



・今日は少し番外編で、水族館での写真撮影のコツをご紹介します

・普段ダイビングしている人が、お遊びで撮影するためのコツなので、水族館での撮影を専門にしている人からすると、間違ってるかもしれません。すみません

・それでは、コツを幾つかご紹介していきます




● まず観察して、動きのパターンを覚える



・ダイビングと違い、いくらでも時間があるので、とにかくじっくり時間をかけて行動パターンを覚えます

・よく通る場所、止まる場所、撮影に適したアングルになりやすい場所などです

・特に回遊魚系は、動きのパターンが一定なので、じっくり観察しましょう

・あと、野生の生物とは行動パターンが異なる魚もいるので注意です。共生ハゼなどは、外敵がいないため、水槽中央にホバリングしていたりします笑




● ストロボを使わず、水槽内ライトをうまく使う



・ストロボは使いません。そもそも禁止されてますし、ストロボ光が水槽に反射してしまうので、いいことなしです

・水槽内には、上からのライトと、下からのライトがありますので、光源を確認しましょう

・結構しっかり光を捉えないと、ストロボなし撮影は辛いです。なぜなら、動く魚は、シャッター速度を上げて挑戦したいですが、そうなると、光がないと真っ暗な写真になってしまいます

・上の写真のように、ダイビングではありえないような、上からライティングしたような写真もとれて面白いです




● 背景の人工物を極力排除する



・できれば本物の海の中にいるように撮影したいですよね?

・一番簡単なのが、下から煽るアングルです。上の写真のように、わりと人工物を削除できます

・背景にこだわっているような水族館を選ぶのもコツですね

・マクロ撮影の方が、背景がうまくいくことが多いかもしれないです

・一眼をお持ちの方は、背景をおもいっきりぼかせば、気にならなくなるかもしれないですね




● せっかくなのでダイビングでは撮れない写真を狙う



・海の中では狙えないような、水族館ならではの写真を撮れます

・例えば、上のようなハンマーのアップは、なかなか海では撮れません

・ガーデンイールのアップとか、深海魚など、せっかくなので、普段できないようなことをして楽しみます


suizokukan03

ロウニンアジ(2012年海遊館の中央水槽にて撮影)





● できれば一人、または写真オタクダイバーと行く



・「水族館なんてデートスポットでしょ?」という固定観念を捨てましょう

・水族館は、写真撮影のための素晴らしいポイントです

・明確な写真撮影という目的を持って行く場所なのです。食事するという目的を達成するために、一人でご飯を食べることもあるのと同じです。胸を張って一人で行きましょう!

・デートで水槽に行って、じっくり撮ることなんてほぼ無理です。まず一つの水槽で満足行く写真を撮るまでに、観察→撮影→試行錯誤→観察→・・・と繰り返していると、いつのまにか30分くらい過ぎています。これが水槽の数だけあるはずです

・もはや早朝、オープンと同時に入って、終了と同時に出ないとダメですね




● 厚い水槽のアクリルをうまく使う



・水槽を包むアクリル(透明のガラスのようなあれです)はとても分厚いです。大型の水槽なら尚更です

・真っ直ぐ撮影すれば特に気になりませんが、少し斜めに撮影すると、結構中身が歪んで映ります

・逆にこれを活用して、魚眼っぽい撮影を撮れたりします。色々試すと面白いですよ




● おすすめの水族館



評価は、管理人の、趣味嗜好に大きく影響を受けています笑。全く参考になりませんので、あしからず。

▼葛西臨海水族園(東京)★★★★
・とにかく安い1000円以下で入れる都内の水族館はここだけでは?
・わりと空いている。撮影のうえでは重要です
・オーストラリアの雄、リーフィーシードラゴンがいる

▼エプソン 品川アクアスタジアム(東京)★★★★★
・最高です笑。
・ハナダイ水槽あります。ニラミハナダイを筆頭にやばいです
・バンガイカーディナルなどレアマクロも多数
・マンタ、トラフザメなども充実
・ただし、自分以外リア充カップルしかいません

▼東京タワー水族館(東京)★★★★
・熱帯淡水魚の種類が豊富。アフリカンシクリッドは圧巻
・ピクチャードラゴネットがいる

▼新江ノ島水族館(湘南)★★★
・深海の生物コーナーにレアなハナダイがいる
・クラゲの種類が豊富

▼池袋サンシャインシティ水族館(東京)★★
・ヘルフリッチがいる
・ウィーディーシードラゴンがいる
・ネジリンボウ、ギンガハゼがいる
・逆に言うと、それしかいない
・でも混んでる上に、リア充かっぷるがいっぱいいる

▼海遊館(大阪)★★★★
・広いので、人が多くても割りと空いている
・大物好きには最高(ジンベエ、ハンマー、マンタ)


個人的には「エプソン品川アクアスタジアム」が優勝です。

あそこまでハナダイが充実した水族館は他にありません。

普通、キンギョハナダイ、サクラダイ、スミレナガハナダイくらいはいます。

少し頑張っててもアカネハナゴイ、ケラマハナダイ、アカオビハナダイくらいです。

品川は、レスプレンデントアンティアス、フチドリハナダイ、オオテンハナゴイ、コウリンハナダイ、バートレットアンティアス、ニラミハナダイ、スクリブルドアンティアス、フトモイアンティアス、ホカケハナダイと、聞いたことないのすらたくさんいます。やばい!!
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。