スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダラハナダイ 写真の撮り方

madarahanadai01

マダラハナダイ(2012年大瀬崎柵下にて撮影)




● マダラハナダイの特徴



・憧れの魚シリーズにも紹介したマダラハナダイに、ついにお会いしてきました!

・ハナダイを愛する人なら、誰もが憧れる存在です。

・普段はものすごく深いところに住んでいるので、なかなか会えませんが、一生に一度は見たい魚として個人的には有名です

・薄いピンク地に毒々しい黄色の斑模様、背びれなどの骨骨感、すばらしいです

・図鑑などでは見たことありましたが、実物はやはり違いますね

・動き方は、ハナダイの中ではかなり遅い部類だと思います。ゆっくり落ち着いて撮影すれば、それほど難しい被写体ではありません

・オスメスで色は変わりません。幼魚も基本的には似たような雰囲気です

・レア度:★★★★★

madarahanadai02

マダラハナダイ(2012年大瀬崎柵下にて撮影)




● マダラハナダイを見られるダイビングポイントの例



・普通はサンゴ礁域の水深70~300m付近で見られ、岩場や洞窟に棲んでるらしいです

・特に良く見られるのは水深180~270m付近らしい

・たまたま50メートル以浅に上がってきた個体を狙って観察します

・インド洋、西部太平洋と分布域は広いようです。

・伊豆や伊豆大島でも、深く潜ればいつもいるらしいです

・ぼくは、大瀬崎柵下の40メートル付近に上がってきた子を撮影しました。半年くらい同じ場所に居着いているそうです

・とはいえ、40メートルぴったりくらいに上がってくるのは、大瀬崎でも20年ぶりとのこと。皆既日食級にレアということですね(笑



● マダラハナダイの撮り方



・動きが遅いので、撮影自体は難しくありません

・一番の問題は、深場故に時間がないことです。40メートルなら5分以上ありますが、50メートルとなると一瞬の勝負です

・上の写真はだめだめですが、背びれは普段から結構開いているので、簡単です

・そこまで色が濃い魚ではないので、黒抜きが映えますね。深海っぽい雰囲気も出ますし

・二枚目の写真は、大瀬崎っぽい雰囲気を出したくて、背景に色々入れてみました。背景にマダラハナダイの影がうつると立体感が出てきて良い感じです

・深海では群れているらしいので、潜水艦とかに乗れるなら、ワイドでチャレンジしたいです(笑


▼参考までにハナダイの撮り方について説明したリンクを張ります

マダラハナダイの写真をうまく撮るコツ(ハナダイ 写真の撮り方)
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。