スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマドリカエルアンコウ 写真の撮り方

kumadori01

クマドリカエルアンコウ(2012年伊豆大島 秋の浜にて撮影)




● クマドリカエルアンコウの特徴



・体長は8センチくらいになりますが、幼魚もよくいます

・体の模様が歌舞伎の隈取に見えることからこの名前がついているそうです

・固体は、写真の赤白のほか、黒地に黄色い点の子などもいます

・カエルアンコウなので、ほとんど動きませんが、両手を使って這うように移動します

・頭についている突起は前後に動きます

・レア度:★★★★

kumadori02

クマドリカエルアンコウ(2012年伊豆大島 秋の浜にて撮影)




● クマドリカエルアンコウを見られるダイビングポイントの例



・伊豆でもよく見られます

・出ているシーズン、場所が固定されるので、見たい人は、現地ブログを確認しつつ、ガイドさんに聞いてみましょう




● クマドリカエルアンコウの撮り方



・動かないので、色々試してみましょう

・ただし人気の被写体なので、列ができたりするとじっくり取れませんね

・上の写真のように、青い海をバックにできると写真に奥行きがでますね。これは魚眼マクロレンズを使っているので、本来写りこまない海の部分を出せています

・白い固体の場合は、背景が岩でもかなり目立ちますが、黒の固体の場合は、背景の中で目立つような調整が必要になります

・また、時間さえかければ、上の写真のようなあくびのシーンを結構みれられるので、粘る価値はあります。こればかりは運次第ですが

・あと地味にアングルが難しく、表情や魚の個性を出せる向きをうまく調整する必要があります。手が入るかどうかで、立体感が大きく変わったりします

・目は、小さい黒目の周囲が立体になっていますが、ここの影を出せると、可愛さが際立ちます
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。