スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナガハナダイ 写真の撮り方

nagahanadai01

ナガハナダイ雄(2012年大瀬崎先端にて撮影)




● ナガハナダイの特徴



・上の写真は、婚姻色ではない普通の体色です。普通の体色でここまできれいなハナダイはなかなかいません。肉眼で見てもむちゃくちゃ綺麗です

・ちなみに、婚姻色はそれほどきれいではありません(主観ですが。。)ペンキを塗ったみたいな感じです

・サイズは15センチ程度で、かなり大型のハナダイです

・メスはキンギョハナダイそっくりです

・伊豆の深場の王様的存在のハナダイです

・婚姻色のオスは比較的よく動きますが、通常色のときはわりとゆっくり泳いでくれるので撮影もしやすいです

・婚姻色のときは、なかなか背びれを開かないため、絵になりません。どうやったら開いてくれるのでしょうか?

・レア度:★★★

nagahana02

ナガハナダイ雄の婚姻色(2012年大瀬崎先端にて撮影)




● ナガハナダイを見られるダイビングポイントの例



・大瀬崎の先端30メートル以深にたくさんいます

・南日本の太平洋岸、伊豆大島、台湾にも生息しているそうです

nagahanadai03

ナガハナダイ雄の群れ(2013年大瀬崎先端にて撮影)




● ナガハナダイの撮り方



・まずは撮りやすい通常色を狙います。こちらは背びれを開いてくれる個体もそこそこいるので、遠めにめぼしをつけて接近します

・群れているので、ワイドレンズでの撮影も楽しいかもしれません。ムチカラマツも入れちゃいましょう。とはいえ、深くて暗い上に、伊豆はゴミも多いのでなかなか綺麗にとるのは難しいです

・そこまで激しく動く魚ではないので、基本的なハナダイの撮り方を実践すればOKです

・結構群れているので、背景に派手な魚がかぶらないように気をつけます


▼参考までにハナダイの撮り方について説明したリンクを張ります

ナガハナダイの写真をうまく撮るコツ(ハナダイ 写真の撮り方)
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。