スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大物のダイビングおすすめポイント

napo01

ナポレオンフィッシュ(2011年パラオ ブルーコーナーにて撮影)




● 大物のおすすめ ダイビングポイント



・大物のいるポイントは決まっています

・見たい大物に合わせて、旅行先を決める必要があります

・ただ大物は当たり外れが激しいので、100%出会えるわけではないのです。。

・以下で、大物別におすすめのダイビングポイントをご紹介します。自分が見たことあるポイントは個別に紹介しています

・大物三昧で楽しみたいなら、バリ島、ラパス、モルディブあたりがおすすめです。




● マンタ ダイビング おすすめポイントト



・バリ島:夏はマンボウも見られるので大物好きにはおすすめの旅行先。ブラックマンタも見られる

・石垣島:マンタスクランブルあり。冬場は海が荒れるため、夏がおすすめ

・パラオ:ジャーマンチャネルというポイントで会えます。遭遇確率は、ぼちぼち。マンタだけを絶対に見たいというなら、そこまでおすすめではありません

・その他:ヤップ、モルディブ、ニューカレドニアなども有名です




● ジンベエザメ ダイビング おすすめポイント



・ラパス:ラパス湾内で、シュノーケリングで出会えます。確率はかなり高いです

・その他:フィリピンのドンソール、モルディブ、タイのサムイなどが有名です




● サメ ダイビング おすすめポイント



・御子元:南伊豆。ハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)の世界的ポイント。ものすごい群れが見られます。シーズンは夏~秋。平日や秋口の方が、人が少なくて群れに出会える確率があがります

・ラパス:エルバホというポイントで出会えます。会える確率はぼちぼちです

・伊豆大島のケイカイ:御子元には劣りますが、かなりの確率で出会えます。早朝ダイブが基本

・パラオ:ブルーコーナーなど、グレイリーフシャークなどが群れています

・そのほか:小笠原のシロワニ、ココ島のハンマーなど有名です




● ナポレオンフィッシュ ダイビング おすすめポイント



・パラオのブルーコーナー:ほぼ100%会えます。しかも人になれているので接近し放題です

・サイパンのグロット:運がよければ出会えます




● イルカ ダイビング おすすめポイント



・伊豆大島:秋の浜にまれに現れます。運しだいです

・御蔵島:ほぼ100%出会えます。三宅島からも船が出ます

・利島:ほぼ会えます。ただし、就航率が悪いので、海が荒れやすい冬場は気をつけましょう




● アシカ ダイビング おすすめポイント



・ラパス:100%会えます。ロスイスロテスというポイントは常時、アシカが数百頭います。夏~秋にかけて、アシカの赤ちゃんにあえます

・そのほか:オーストラリア西部でも会えるそうです




● マンボウ ダイビング おすすめポイント



・バリ島:夏場は3日くらい潜れば、ほぼ100%出会えます

・伊豆の大瀬崎:5月頃、10本くらい潜れば会えるようです

・千葉の波左間海中公園:漁師さんの網にかかったマンボウをいけすで飼育しています

関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。