スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラネシアンアンティアス 写真の撮り方

meranesian

メラネシアンアンティアス雄(2012年アニラオにて撮影)




● メラネシアンアンティアスの特徴



・フィリピンのキンギョハナダイです。浅場に腐るほど群れています

・特徴はオスの目の下に入る赤いラインと、緑がかった体色です

・背びれの形はキンギョハナダイそのものですね

・体長は10センチ~12センチくらいです

・レア度:★★




● メラネシアンアンティアスを見られるダイビングポイントの例



・フィリピン、インドネシア、パラオなどのサンゴ礁にいくらでもいます

・ガイドさんにリクエストすると笑われそうなので、まずは自分で探してみましょう




● メラネシアンアンティアスの撮り方



・基本は通常のハナダイの撮り方と同じです

・キンギョハナダイに見た目が似てるだけあって、動きもまさにキンギョハナダイです。活発に動き回るので、撮影に苦労します

・繁殖行動していないオスは、珊瑚の上でぼーっとしていることがあるので、そういう固体を狙えば、比較的かんたんに撮影できます

・婚姻色はそれほどはっきりしていない種なので、繁殖行動をしていない子でも、まあまあきれいな写真に仕上がります

・また泳ぎまわっている個体は、背びれを立ててくれないので、じっとしている子の方がオススメです

・追い掛け回すと、サンゴに隠れてしまいます。こうなると、サンゴが背景になってしまい、もともと緑っぽい体色がめだたなくなってしまいます。ゆっくり近づいて、何もない海を背景に、黒抜きしましょう

・あとは普通種すぎて、ついつい撮影が雑になりがちですが、被写体としては最難関の部類なので、心してかかるのが重要です。「後半20分はメラネシアンアンティアスに使うぞ!」くらいの気概があれば、きれいな写真が取れると思います(笑


▼参考までにハナダイの撮り方について説明したリンクを張ります

メラネシアンアンティアスの写真をうまく撮るコツ(ハナダイ 写真の撮り方)
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。