スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルソンハナダイ 写真の撮り方

rusonhanaedai

ルソンハナダイ雄(2012年アニラオにて撮影)




● ルソンハナダイの特徴



・ルソンというだけあって、フィリピンで有名な魚です。(フィリピンの首都マニラは、ルソン島にあります)

・背びれの赤い点はケラマハナダイに似ていますが、別種です

・ケラマハナダイと違いは、体に横線があります(ケラマは白い)

・あと、ケラマハナダイと違い、尻尾が尖っています(ケラマは丸い)

・個人的にはケラマハナダイより美しく、とても好きな魚です

・サイズもかなり大きく、15センチくらいあるので、ピントもあわせやすいです

・動きは遅めなので写真を撮りやすいです(スミレナガハナや、サクラダイと同じくらい)

・レア度:★★★★




● ルソンハナダイを見られるダイビングポイントの例



・フィリピン、インドネシアなどのやや深い場所にいるようです。日本にはいません

・アニラオでは、キルビスロック(-40m)、ソンブレロ(-20m)、ダキエダ(-20m)あたりにいた気がします




● ルソンハナダイの撮り方



・基本は通常のハナダイの撮り方と同じです

・キンギョハナダイのように活発に動くわけではないので、じっくり腰をすえて撮ればいけます

・背びれと腹びれが全開したタイミングを狙いたいです。少し泳いで、止まって、を繰り返すので、「止まって」のタイミングを狙いましょう。止まった瞬間は背びれ全開になることが多いです

・体の模様は、単調なので、すこし斜め前から撮ったほうが面白くなるかもしれないです。背びれの赤い点は入れたいのでアングルに要注意です

・背景は、何もない海になるようにおびき出して、黒抜きするのがおすすめです。上の写真は、キヤノンs95のTV(シャッター速度優先モード)でシャッター速度1/1250という謎設定で撮りましたw


▼参考までにハナダイの撮り方について説明したリンクを張ります

ルソンハナダイの写真をうまく撮るコツ(ハナダイ 写真の撮り方)
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。