スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカオビハナダイ 写真の撮り方

akaobihanadai

アカオビハナダイ雄(2012年大瀬崎にて撮影)




● アカオビハナダイの特徴



・名前のとおり、雄の体には真ん中に赤い帯が入ります

・上の写真は婚姻色ですが、普段はもう少し地味な感じです

・大きさはキンギョハナダイと同じくらいです

・本当に美しい魚だと思います

・レア度:★★★★




● アカオビハナダイを見られるダイビングポイントの例



・大瀬ではわりと浅いところで見られましたが、場所によっては結構深いですね

・土肥でもわりと浅いところで見られるようです

・かなり動く魚なので、できる限り浅い水深にいるポイントをガイドさんに確認してみるとよいです




● アカオビハナダイの撮り方



・基本は通常のハナダイの撮り方と同じです。

・ハナダイの中ではやや動くタイプなので、結構追い回して撮る感じになります

・特に婚姻色の雄は動きまくるので大変です。キンギョハナダイよりはマシですが

・やはり、背びれと腹びれが全開したタイミングを狙いたいです(泳ぎ回っているので、背びれも腹びれも閉じがちです)

・あとは欲を言うと、少し斜め前から撮ったりしたいですね。斜め前から狙うときは、尻尾がちゃんと開く向きにしたいですw

・背景がきれいな場所にいない場合は、思いっきり黒抜きするのがおススメです。シャッター速度を思いっきりあげて、露出も抑えつつ、外部ストロボで光を当てます

・派手な魚なので黒抜きが映えますね


▼参考までにハナダイの撮り方について説明したリンクを張ります

アカオビハナダイの写真をうまく撮るコツ(ハナダイ 写真の撮り方)
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。