スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオモンカエルアンコウ 写真の撮り方

oomonkaeru01

オオモンカエルアンコウ(2012年伊豆大島の秋の浜にて撮影)




● オオモンカエルアンコウの特徴



・殆ど動かず、動く特は、両手で這うように動きます。それゆえ、昔は「イザリウオ」と呼ばれていました

・住んでいる場所と、体色が同化しています

・基本的には殆ど動きません

・体長は南国では最大30センチくらいまでになります。上の写真は数センチの幼魚です

・動かないのと、適度に珍しいのと、意外に愛嬌のある表情ゆえに、主にビギナーに人気のある魚です

・レア度:★★




● オオモンカエルアンコウを見られるダイビングポイントの例



・南日本。インド・西太平洋域、東部太平洋の熱帯域に住んでいるそうです

・伊豆や伊豆大島でもよく見かけます

・自分で探してもなかなか見つけられないので、ガイドさんに聞いてみましょう




● オオモンカエルアンコウの撮り方



・とにかく動かないので、寄ることはまったく難しくありません

・しかし背景と同じ色なので、被写体が目立たなくなるのが問題です

・ストロボの光の当て方で、カエルアンコウが浮き立つようにすることがポイントです

・可能であれば、青い海を背景にすると、写真に奥行きが出ます(壁に張り付いていることが多いのでなかなか難しいですが)

・「手」の部分をうまく際立たせると、魚の特徴が分かりやすくなります

・大きい固体であれば、目の部分だけクローズアップで撮るような楽しみ方もできますね

関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。