スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きい生物や群れを撮るレンズ「ワイドレンズ」

napo01

ナポレオンフィッシュ(2011年パラオ ブルーコーナーにて撮影)




● ワイドレンズは、大きいものを小さく撮るレンズ



・大きい魚や、群れを前にして、その一部分しか画面におさまらなかった経験はありませんか?

・海の中は、近寄らないとストロボの光が届きませんので、大きい被写体でも近距離から撮影する必要があります

・大きい被写体に近寄って撮影しても、画面からはみ出ない様に、大きいものを小さく写すレンズが、ワイドレンズです

・厳密に言うと、広角で撮影するレンズです(魚眼レンズは、非常に広角なワイドレンズの一種です)

・ワイドレンズは、通常のコンパクトデジタルカメラ用ハウジングの、外側に接続することができます





● ワイドレンズでは、ある程度近寄れる大物を狙う



・ワイドレンズは、大きいものを小さく撮るレンズなので、ぐっと近寄れる魚を撮るのに適しています

・大きい魚でも、近づけないのであれば、小さい遠景の被写体を、さらに小さく写してしまうので、意味がありません。例えば、臆病なハンマーヘッドなどは不向きです

・ワイドレンズで狙える被写体(逃げない生き物)
-大人しい大物(ナポレオン、ジンベエザメ、ネコザメ、マンボウ、マンタ)
-群れ系
-サンゴ
-地形(洞窟など

・広角なので、背景をきれいに写しこむ場合に有効です
-大きめのクマノミとイソギンチャク(トウアカクマノミなど)
-サンゴに群れるスズメダイ



bara01

ブラックフィンバラクーダ(2011年パラオ ブルーコーナーにて撮影)





● ワイドレンズは、水中で着脱可能



・コンパクトデジタルカメラに着けるワイドレンズは、水中で着脱可能です

・大物や群れがいないときは、基本は外しておいて、必要なときに装着するようにします

・なくさないように気をつけなければなりません。外部ストロボのアームに、ワイドレンズを装着しておくアクセサリーも売っているので、おススメです

・ちなみに、私はワイドレンズを使わないときは、水底に置いていましたが、見事にこの前紛失しました(苦笑)絶対アームにつけるようにした方がよいです




● ハウジングに取り付ける方法は、お店で確認



・お持ちのハウジングによって、取り付け方は異なります

・多くの場合、「マウントベース」と呼ばれる、取り付け用のアダプターもあわせて買う必要があります

・ハウジングによっては、直接装着できるレンズもあるので、お店に聞いてみましょう




● ワイドレンズの選び方は画角で



・レンズは「画角」で選びます。品質に差はありますが、まずはそこまでこだわらなくてOKです

・画角が広いければ広いだけ、大きい被写体を小さく写すことができ、背景も広く写りこみます

・フィッシュアイレンズは、画角が広すぎて、よほど近寄らない限りよい写真を撮れないので、まずは通常のワイドレンズを買うことをお勧めします

・フィッシュアイを付けるなら、外部ストロボが2灯ないと、地味な写真になってしまいますし、初心者むけではありません

・価格は2.5万円~4万円くらいでしょうか
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。