スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シコンハタタテハゼ(ヘルフリッチ) 写真の撮り方

shikonhatatatehaze02

シコンハタタテハゼ(2013年サイパンのグロットにて撮影)




● シコンハタタテハゼの特徴



・ハタタテハゼに似ていますが、かなりレアな魚です

・普通は水深40メートル付近の限られた地域にしかいません

・和名がシコンハタタテハゼ、英名(?)ヘルフリッチです

・黄色と紫で本当に綺麗な魚です。図鑑で見るのと生で見るのとでは感動が違います

・大きさは7センチくらいまでになります

・共生ハゼとは異なり、過去にエビが掘った穴に住んでいます(ハタタテハゼと同じです)

・ペアで住んでいることもよくあります

・動きはアケボノハゼとほぼ同じです。ハタタテハゼより穏やかに動きます

・レア度:★★★★★


shikonhatatatehaze03

シコンハタタテハゼ(2013年サイパンのグロットにて撮影)




● シコンハタタテハゼを見られるダイビングポイントの例



いる場所は決まっています。

・サイパンのナフタン、グロットなど
・パラオのブルーコーナー




● シコンハタタテハゼの撮り方



・基本的には共生ハゼの撮り方と同じです

・一番の注意点は、窒素酔いです。いきなり潜ると、窒素酔いしてうまく撮れないので、窒素に慣れるためにも最低3日間くらい潜る覚悟でいきましょう

・深場は暗いので、ターゲティングライトがないと、なかなかピントが合いません

・ターゲティングライトがなくても、ハゼと等距離にある砂地にフォーカスを当てて撮る手法は使えます

・あと40メートルを超えると、キヤノンの純正ハウジングなどはいうことを聞かなくなるので、要注意です。30メートル付近で設定してから、現場に向かいます

・できれば背びれをピンと立てたタイミングにシャッターを押したいところです

・2匹入れる場合は、前にいる子にピントを合わせます

・上の作品のように影を入れると立体的な印象に仕上がります

・岩陰を背景にして、絞ってとることで、黒抜きすることも十分可能です

シコンハタタテハゼの写真をうまく撮るコツ(共生ハゼ 写真の撮り方)
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。