スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダラハナダイ 憧れの被写体4

madarahanadai01

マダラハナダイ(2012年大瀬崎柵下にて撮影)




● マダラハナダイの特徴



・とにかく深いところに棲んでいるハナダイです

・確実に40メートル以上深いです

・普通はサンゴ礁域の水深70~300m付近で見られ、岩場や洞窟に棲んでるらしいです

・特に良く見られるのは水深180~270m付近らしい。そりゃ普段見ないわな(笑)

・薄いピンク地に、黄色いまだら模様、背びれはピンピンたっています

・ハナダイには珍しく、オスメスの色が殆ど変わらないそうです

・ハナダイは深場の子が多いので、憧れが尽きませんw

・レア度:★★★★★


▼本物見てきました!夢がかないました(2012年9月に更新)
マダラハナダイ 写真の撮り方



● マダラハナダイを見られるダイビングポイントの例



インド洋、西部太平洋と分布域は広いようです。

伊豆や伊豆大島でも、深く潜れば会えるようです。




● 撮りたい写真のイメージ



・ハナダイなので、真横もしくは斜め前から撮りたいです

・あとは背びれが開いた瞬間を狙うのも王道でしょう

・岩場を背景にした写真が多いので、おそらく青抜きや黒抜きは難しいのでしょう

・制限時間と、窒素酔いに焦らず、冷静に撮影したいところです

・1回じゃ無理だと思いつつ、何度もチャレンジしたいです
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。