スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イソコンペイトウガニ 写真の撮り方

isokonpeitougani

イソコンペイトウガニ(2011年アニラオにて撮影)





● イソコンペイトウガニの特徴



・コンペイトウのように、からだがトゲトゲしたカニです

・体と似たウミトサカに付いて、擬態しています

・擬態があまりにうまいので、セミプロにも見つけることができません。プロに頼みましょう

・レア度:★★★




● イソコンペイトウガニを見られるダイビングポイントの例



伊豆~オーストラリアに幅広く生息しているらしいです

・アニラオ




● イソコンペイトウガニの撮り方



・クローズアップレンズがないと、かなり微妙な写真になります

・しっかりカメラをマクロモードにして、撮影します

・ポイントは、擬態しているウミトサカを背景にしないことです。擬態がうますぎるので、何を撮影したか分からない写真になってしまいます

・背景は何もないブルーウォーターを狙いたいところです

・あと、カニであることを明確にしたいので、できる限り「足」や「目」を強調してあげたいところです

・上から撮ると、よくわからない塊みたいになるので、下からあおり気味に撮ることをオススメします




● 管理人の使ったカメラ



あえて普通のコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で勝負します!

・キヤノン パワーショットS90(canon powershot S95)を使用しています

・ハウジングはキヤノンの純正です(40メートル以深だと動かなくなります)

・オリンパスのクローズアップレンズをつけて撮りました。イノンの純正クローズアップレンズよりも倍率が高いのでオススメです。そのままだと取り付けられないので、ビニールテープでクローズアップレンズの周りを分厚くしてはめ込みます

・外部ストロボで撮りましたが、今回はなくても大丈夫です。一応使ったのは、イノン(INON)のS2000です
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://divingphoto.blog.fc2.com/tb.php/32-d8b283c1

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。