スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニラミハナダイ 雄 写真の撮り方

niramihanadai20151005-01

ニラミハナダイ雄(2015年サイパンにて撮影)




● ニラミハナダイ雄の特徴



・日本中のハナダイ好きが憧れるハナダイです!

・キシマハナダイ、マダラハナダイ、シロオビハナダイなどは伊豆でも見られますが、この子は小笠原、沖縄、サイパンなどに行かねばならず、なかなかレアです

・そのうえ深いところに住んでいるため、なかなか一見さんは連れて行ってもらえないというのも、レアさを高めている要因です

・他のハナダイと同様、ハーレムを形成するのですが、やはり雄はレア。10匹に1匹くらいの割合なので、なかなか手ごわい相手です

niramihanadai20151005-02

ニラミハナダイ雌(2015年サイパンにて撮影)




● ニラミハナダイ雄を見られるダイビングポイントの例



サイパンのテニアンフレミングというポイントにいます

・ただテニアンは海況が良くなければ行けず、1週間サイパンに滞在して、1~2回行けるかどうかという感じです

・水深は運が良ければ40メートル台、普通50メートル台は覚悟します。ただ伊豆よりも海が明るいので、恐怖心はあまりないかもです。とはいえ結構暗いですが

サイパン以外にも小笠原や沖縄にもいるそうです。ただ本当は種が違うのでは?という議論もあるそうです




● ニラミハナダイ雄の撮り方



・ドロップオフに生息しているので、潮の流れを見て、できれば下流側に陣取ります

・中性浮力をとりつつ、片手でドロップオフの岩を掴みます。着底はできないですし、さすがにフィンキックは厳しいです。

・理想的には、雄にピントをあわせつつ、雌を背景に入れられるとグッドですが、なかなかそううまくは行きません。こればかりは狙いつつ、運任せというところでしょうか

・幸い、それほど激しく動く魚ではありません。ただハナダイの中ではかなり小さく、少し動きが緩やかなスズメダイといった感じです

・プレッシャーをかけると岩陰に隠れるので、それも注意です

・あとライトには弱いので、使うにしてもうっすら付けるくらいにとどめましょう


▼参考までにハナダイの撮り方について説明したリンクを張ります

ニラミハナダイの写真をうまく撮るコツ(ハナダイ 写真の撮り方)

関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。