スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイビング カメラおすすめランキング2015年1月



● ズバリ今おすすめのカメラは?(2015年1月)



・今ならキヤノンの「PowerShot G16」がオススメです

・このカメラは、F1.8、拡大してもF2.8という化け物の様に明るいレンズを持ったカメラです

・シャッター速度も変更可能で、純正ハウジングも売られています

・実は、1年前から同じカメラをおすすめしています。キヤノンは新しいカメラも出しているのですが、ダイビング用という意味では、このカメラを超えるものはあまり出ていないようです

・おまけに、2013年9月発売の製品なので、かなり安くなってきています。今買えば相当お買い得といえます

・ちなみにキヤノンはD30やD20など新しい機種も出していますが、レンズが全然明るくなく、オススメではありません。D30はハウジングなしで25メートル防水ですが、25メートルより深く行くことなんて、いくらでもありますし、それ以上行って水没されては困りモノです。写真のクオリティよりも、節約を優先したいのならありですね

・2014年10月に発売された「PowerShot G7 X」は画素数がかなり高くなっていますが、若干マクロ撮影に弱いようです。また今はかなり価格も高いため、コスパの観点からもG16の方がオススメでしょう







● ダイビング用コンデジの選び方



ダイビング用のコンデジを選ぶにあたって重要なのは、以下の3点がもっとも重要です

1)レンズが明るい(F値が低い)
暗い水中でも、光をいっぱい取り込めるように、レンズが明るいほど有利です

2)シャッター速度を変えられる
よく動く魚を撮ることも想定し、シャッター速度は弄れるカメラにすべきです

3)純正ハウジングが売られている
メーカーが純正のハウジングを出していれば、安価に揃えられます(非純正は非常に高い)

他にもハウジングの使い勝手や、拡張性の高さも挙げられますが、これらは使い慣れて初めて実感するものなので、まずは上の3つだけ重視すれば良いと思います。

またハウジングなしの防水機能をうたっている製品もありますが、ダイビングで行く深度を考えると、ほとんど意味がありません。シュノーケリングで使うだけなら良いですが。。

初心者のカメラの選び方については、以下で詳細に説明しています
初心者ダイビング カメラの選び方




● メーカーごとの違いは?



・キヤノンは、カメラは高性能だが、ダイビングにはあまり力を入れていません。そのため、付属品などの拡張性は弱く、ストロボやレンズを追加するときに、少しお金がかかります(とはいえ全然問題なく拡張はできますが)

・オリンパスは、ダイビングに一番力を入れているメーカーです。ハウジングも、純正商品の中では、唯一黒色にしていますが、これはゴミの映り込みを避ける効果があります。純正の拡張レンズなどもあり、いろいろ安価に揃えることができます。一方でカメラの性能や使い勝手で、ちょっと足りない部分がある気がします(筆者の主観ですが。。)

・パナソニックは、純正ハウジングもそこそこ出しているのですが、あまりパッとしないですね。ミラーレスは結構頑張ってる印象です

・富士フィルムは、もう殆ど純正ハウジングを出していないです。あまり力を入れていないですね

上記以外のメーカーは純正ハウジングを出していないため、初心者が選ぶ必要はないと思います。もちろん一眼レフならニコンという選択肢もありますが、コンデジを選ぶ以上、不要でしょう。

私が思うに、キヤノンとオリンパスの二択で良いと思います。最初からレンズの拡張まで考えるならオリンパスですが、高性能を求たい、陸地でも使いたいということなら、キヤノンがオススメです




● 価格を抑えたい人におすすめのカメラ(2015年1月)



・ズバリ、キヤノンのPowerShot S120がオススメです。一番オススメのG16よりも若干安いです

・このカメラは、純正ハウジング有り、シャッター速度変更可能、レンズが明るいの3要素を満たしています

・唯一の欠点はズーム時のF値が上がってしまい、暗くなることです。ハゼやハナダイなどへの対応が若干難しいですね。ワイドや動かない魚は全く問題ありません

・一番オススメのG16とくらべて、カメラ本体のサイズが小さいので、陸上で持ち歩くにはこちらがオススメです

・オリンパスのXZ-2とも比較されますが、XZ-2は液晶が見づらいらしく、あまりオススメではないかもですね




関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。