スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒレナガスズメダイ 写真の撮り方

hirenagasuzumedai20141111

ヒレナガスズメダイyg(2014年フィリピンのアニラオにて撮影)




● ヒレナガスズメダイの特徴



・幼魚の時は、黄色に黒のストライプが美しいスズメダイです

・しかし成魚になると、真っ黒なので、全然テンションが上がらない魚です。スズメダイは、総じて幼魚の方が圧倒的に綺麗ですね

・成魚になると10センチほどになる、大型のスズメダイです。上の写真の幼魚は3センチくらいです

・幼魚は単独で、岩陰近くなどに潜んでいます

・レア度:★★★




● ヒレナガスズメダイを見られるダイビングポイントの例



・高知県くらいから~インド洋・西太平洋域に分布しているようです

・伊豆では見たことないですね

・基本的に同じ場所に縄張りを持っている魚なので、ガイドさんに聞けば案内してくれるはずです




● ヒレナガスズメダイの撮り方



・基本的なスズメダイの撮り方でOKです

・スズメダイの中では動きが遅くて、堂々としている方なので、やや簡単かと思います

・まず遠目に縄張りを観察し、どこを背景に、どのアングルで撮るかを決めます。そのうえで、一番最適な場所に陣取れるように、少しずつ間合いを詰めます(ハゼだと思って近づくくらいがちょうど良いです)

・背景を青抜きすることは難しい魚なので、せめて岩の隙間を背景にした黒抜きか、白目の砂を背景にするか、何かきれいなソフトコーラルなどを背景にしましょう。バックに岩などがある方が、近寄れるのでその辺もトレードオフですね。。

・近づいたら、マニュアルフォーカスで置きピンします。オートでも良いですが、スズメダイはなかなかきつめですね。あとは撮りまくるだけです。あまり威嚇してくる魚ではないので、ゆっくり逃げていってから、戻ってきたところを狙う感じになると思います


関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。