スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオベニハゼ 写真の撮り方

aobenihaze01

アオベニハゼ(2014年サイパンにて撮影)




● アオベニハゼの特徴



・岩の隙間に住んでいる、いわゆるベニハゼの一種です

・アオベニハゼというのは通称らしく、まだ名前が付いていないようです。サイパンではキムラベニハゼと呼ばれてました

・顔から背びれにつながる青いマダラ模様がとてもきれいなベニハゼです

・ほかのベニハゼもそうですが、小さいので、肉眼では模様を確認しきれない人も多いかと思います




● アオベニハゼを見られるダイビングポイントの例



・サイパンのラウラウビーチ

・沖縄でも見られるようです




● アオベニハゼの撮り方



・近づきすぎると隠れてしまうため、遠目に発見することが一番重要かつ難しいです。ガイドさんに見つけてもらえたとしても、その後に自分で視認できなければ静かに近寄ることが出来ません

・見つけた後は、エアーに気をつけつつ近づきます。吐いた息が岩の隙間に充満してそれに驚いて逃げてしまうことも多いので気をつけましょう

・ゆっくりゆっくり近寄って下さい。ターゲットライトは強すぎると逃げるので、明るいレンズをお持ちなら、ライトは消したほうが良いでしょう

・万一逃げてしまっても、少し下がって5分位待てば出てくるので、時間に余裕があるなら何度かチャンスがあります

・背景は岩になりがちですが、できる限り白抜きが黒抜きできるように、カメラの位置を調整します。ストロボの向きも岩の隙間にあわせて調整するのが重要ですね

関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。