スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コンデジ」と「ミラーレス」ダイビングでの違い ~ ハナダイ編



● コンデジで撮影したサクラダイ



・下の写真は、「キヤノン PowerShot S95」で撮影したサクラダイです

・絞りはF2.0で限界まで開き、シャッター速度を激速にすることで、背景を黒っぽく抜いています

・かなりの至近距離で撮影していますが、背景のソフトコーラルなどはぼけておらず、F2.0でも被写界深度に限界があります

sakuradai01

コンデジ(キヤノン PowerShot S95)で撮影したサクラダイ




● ミラーレス一眼レフで撮影したサクラダイ



・下の写真は、「パナソニック LUMIX GX1」に「45ミリ単焦点レンズ」を付けて撮影したサクラダイです

・ぱっと見で、被写界深度が全然違うことに気づきます。エラ付近からボケ始めてますよね

・これも同じく絞りはF2.0で、距離も同じくらいに近いところから撮りました

sakuradai140423

ミラーレス(パナソニック LUMIX GX1+45ミリ単焦点レンズ)で撮影したサクラダイ




● ハナダイ撮影におけるミラーレスの強み



・被写界深度を稼げることは、やはり強みと言えます。背景をぼかした感じにできるので、岩の隙間にいるような個体でも、背景の色を調整すれば、かなり綺麗に仕上げることができます

・また、ハナダイはどうしても近寄りきれず、コンデジだとズームすることがあります。この場合、絞りが暗くなってしまいます。黒抜きであればできますが、青抜きができなくなります。ミラーレスの単焦点レンズの場合、逆に黒抜きが難しくなります

・オートフォーカスの素早さも魅力です。ハナダイはかなり自由に動くため、マニュアルフォーカスには不向きです。一度ミラーレスのオートフォーカスに慣れてしまうと、もうコンデジには戻れません笑




● 「単焦点レンズ」にするのがポイント



・ミラーレスにも、「単焦点レンズ」「ズームレンズ」などいくつか種類があります

・一番標準的に売られているレンズは「ズームレンズ」と呼ばれる種類ですが、これはコンデジと同じで、ズームが可能になる代わりに、やや暗いレンズです

・一方、「単焦点レンズ」はズームができず、つねにズーム状態なのですが、非常に明るいレンズです

・被写界深度をおもいっきり稼ぎたいなら「単焦点レンズ」一択でしょう。「ズームレンズ」では正直、コンデジとそれほど変わりません

・ただし単焦点レンズは、被写体をカメラ越しに見つけることの難しさ、ピントのシビアさなど、それなりのカメラスキルを問われるので、かなり攻めたレンズであると言えます


関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。