スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイビング 講習でカメラを持っていく?



● 講習にカメラは不要。スキルUPに集中すべき



・たまにCカード取得時に、カメラを持っていく人がいます

・もちろん持っていくのは自由ですが、殆ど撮影する機会はありませんし、正直全然なくてよいと思います

・講習で潜るのは、プールが半分、海が半分です。海についても、人気のあるポイントで潜るというよりは、流れのない魚の少ないポイントが殆どです。撮影チャンスはほとんどありません

・さらに、スキルが足りていない人が、いくらカメラで撮ろうと思っても、まともに撮影できません。ダイビングでの撮影は、7割がスキル、3割がカメラ性能です。せっかく講習に来てるならスキルUPに集中することをおススメします




● 講習風景を記録に残したいならOK



・魚を撮りたいというのではなく、講習を記念に残したいというなら、もちろんカメラを持参してOKです!

・友達と講習を楽しんだという記録もよいと思います!

・さらにカメラのセッティングの方法なども教えてもらえるので、一石二鳥ですね




● 持っていくなら水没に注意



・ライセンス取得時にカメラを持っていく人に一番気をつけて欲しいのは水没です

・ただでさえ初めての経験尽くしでテンパっている状況だと思います

・そういう中で、知識のないカメラセッティング、あわてて雑な扱いをしてしまう、などによって、カメラが水没してしまうケースがあります

・せっかく買ったばかりのカメラを、何も撮らずに水没させてしまうのは悲しいですよね

・最初の講習では、海には持っていかず、陸で講習風景を撮るくらいにとどめたほうがよいと思います。講習最後のダイビングで撮影するくらいでも十分ではないでしょうか



関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。