スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイビング ライセンスの種類 ~ 本当にいるの?



● 絶対に必要なのは「オープンウォーター」という資格だけ。他は不要



・ダイビングのライセンスの中で、最低限に必要なのが「オープンウォーター・ダイバー(OWD)です

・このライセンスがないと、ファンダイビング(普通に潜ること)ができません

・意外に忘れられていますが、このライセンスがあれば、インストラクターなしでセルフダイビングを行うことが可能です

・日本人は基本的にはガイドさんと潜ることが多いですが、海外ではセルフが主体という国もあります。ガイドさんと潜った方が、色々教えてくれるので楽しいですけどね

・あと注意が必要なのは「スクーバダイバー」というライセンスです。この資格は短期間で取れるものの、実質なんの役にも立ちません。かならずオープンウォーターを取りましょう




● ぎりぎり実用性があるのは「アドバンス」まで



・オープンウォーターをとった人が次にステップアップできるのが、アドバンス・オープンウォーター・ダイバー(AWD)という資格です

・この資格は、オープンウォーターでは水深18メートルしかいけないところ、40mまで行けるようになるという資格です

・他にはナイトダイビングができたりと、少しダイビングの幅が広がります

・しかし、講習といっても2日間くらいファンダイビングするだけですので、特にこれをとったからってスキルアップするわけでもなんでもありません

・スキルアップしたいなら、ガイドさんが暇な時にファンダイビングに行って、スキル教えてくださいと依頼したほうがよっぽど身につきます

・アドバンス最大のメリットは、海外などで、アドバンスがないと潜れないという場所に潜れることでしょうか?

・日本は信頼重視の世界なので、アドバンスがなくてもちゃんと潜れるという信頼さえあれば、深いところに連れて行っちゃったりします

・逆に海外では、実力を伴わなくても、アドバンスがあれば連れて行ったりします。自己責任の国ですね

・というわけで、海外に行くなら、ぎりぎりアドバンスまでとってもOKだと思います




● 「レスキュー」は趣味。資格ゲッターならどうぞ



・アドバンスの上には、レスキュー・ダイバー(RED)という資格があります

・これがあると、文字通りレスキューができるようになります

・資格を取ること自体は楽しいですが、取ったからといって特に何も変わりません

・もしその先のダイブマスターや、インストラクターを目指すなら取っておいても良いかと思います




● プロを目指すなら「ダイブマスター」を



・ガイドさんとして生計を立てたいと思うなら、ダイブマスター以上が必須となります

・もちろん趣味で取る方もいらっしゃいますが、取ったところで普段のダイビングに大きな影響はありません

・スキルを磨きたいなら、資格をとるよりも、普段から自分の位置を考えてもぐったり、魚について知識を付けたり、そうした地道な努力の方がよっぽど大切です

・極端な話、100本くらい潜った程度でダイブマスターにもなれますが、そんな人に怖くてガイドされたくないですよね




● 各種スペシャリティはぶっちゃけ不要



・ショップにはよっては「スペシャリティ」を薦めてくるところがあります

・「ボート」「ドライスーツ」「ディープ」など、小技を修得するごとにカードがもらえるシステムです

・しかし、これらはぶっちゃけショップが細かく儲けるための手段に過ぎません

・「ボート」スペシャリティがなくても、全く問題なくボートダイブできるお店がたくさんあります。私はボートスペシャリティなんてもっていませんが、100本以上ボートダイビングしてます

・ただ、一個ずつカードを集めていくというのも、それそれで楽しいので、否定する気はありません。ダイビングの楽しみ方は人それぞれです

・また、都市型ショップの中には、スペシャリティで稼がないとどうしても苦しいというお店があるのも事実です。その分、ショップで友達ができたりということもあるので、一概に悪いとはいえません

・どんなショップを選ぶかは、潜る人の好み次第ということです




● 指導団体はどれでも同じ



・PADI、CMAS、NAUIなど、ダイビングには複数の指導団体があります

・いずれの団体もライセンスを発行していますが、これらの違いはほとんどありません

・PADIが最大なので、それでもいいですし、たまたま通っていたお店がCMASならそれでも全然構いません

・ただインストラクターになると、年間の更新料が団体によって違ったりするので、もしそういう考えをお持ちであれば、ちゃんと比較したほうが良いでしょう

関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。