スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAW画像の設定とは?



● RAW画像とは、撮影したままを保存する「高画質」設定



・RAW画像とは、デジカメで「超高画質」で撮影する設定のことです

・RAWとは英語で「ナマ」ということですので、撮影したままを保存するという形式ですね

・ある程度の高機能なカメラであれば、使うことができます




● RAWで撮影しないと、カメラが勝手に画像処理してしまう



・RAW以外の設定で撮影した場合、カメラが自動で、色や画質を調整しています

・ホワイトバランスなどは、ありのままの写真を、現像前にカメラ側で色を変える機能ですね

・そのため、ナマの画像から、自分で思い通りの画像処理をしたいのであれば、RAWの方が良いでしょう




● クオリティの高い画像処理をしたいならRAWがオススメ



・ここまでお伝えした通り、撮影後の画像処理をカメラに任せず、自分で思い通りに調整したいなら、RAWが最適です

・ちなみに、画像処理していないRAW画像は、なかなか綺麗になりません

・世の中に、自動だろうが手動だろうが、画像処理していない写真はないのです

・ここまで良いことばかりお話してきたRAW画像ですが、実は良いことばかりではありません




● RAWのデメリット1「ファイルが重すぎ」



・画像のファイルが大変重たいです

・SDカードに保存できる量がかなり減るので、大容量SDメモリを使用しなければなりません

・またパソコンに保存しておくにも重たいので、かなりやっかいなファイル形式です




● RAWのデメリット2「画像の加工が面倒」



・RAWは、RAWのまま画像処理しなければ意味がありません

・RAWの画像処理ができるソフトは限られており、メーカーが出しているソフトしか使えないこともしばしばあります

・こうなると使い慣れたソフトを使用できず、結構面倒だったりします

・JPEGにしてしまえば使いやすいのですが、一度JPEGに変換してから画像処理するのであれば、RAWで撮る意味は全くありません




● RAWのデメリット3「ファイルを閲覧するのが面倒」



・RAWは、カメラのメーカーによって、ファイル形式が異なります

・そのため、キヤノンで撮影した画像は、キヤノンのソフトでしか閲覧できないといったことがよく起こります

・友人に気軽に写真を送りたいと思っても、RAWのまま送ってしまっては見ることができないといったことが起こります。重いため迷惑でもありますね




● 本当にこだわる人以外は、RAWでなくてもOK



・ここまでメリットもデメリットもお話しましたが、私のオススメとし、セミプロレベルまでいってないのであれば、RAWを使う意味はありません

・カメラ側で自動処理したあとのJPEGから、追加で画像処理してもそれなりにきれいな写真に仕上がります

・まずは自分で試しに撮ってみて、それからどちらにするか決めると良いかと思います!

関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。