スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカヒメジ 写真の撮り方

akahimeji01

アカヒメジ(2013年サイパンにて撮影)




● アカヒメジの特徴



・40センチくらいになる、比較的大型のヒメジです。ヒメジなので口元に髭があります

・群れていることが多く、中層をゆったりと泳ぎます

・普段は黄色っぽいため、どこがアカヒメジだよ?って感じですが、ホンソメワケベラにクリーニングされている時は赤っぽくなります。また、死ぬと赤くなるらしく、釣り上げられた時は赤いのでしょう




● アカヒメジを見られるダイビングポイントの例



・サイパンではグロットや沈船でよく見かけました

・パラオなどでもよく見かけます

・あまり狙って見に行く魚ではないかもしれないですが、大きな群れを見かけるとついつい撮影したくなりますね


akahimeji02

アカヒメジ(2013年サイパンにて撮影)




● アカヒメジの撮り方



・一番上の写真のように、群れを狙うのが王道かと思います

・あまり速く動く魚ではないので、群れの行く先を予想し、そこに陣取って近寄ってくるのを待ちます

・エアーの音で群れが散ってしまうのを防ぐため、距離が狭まってきたら息を止めて、待機します。この時、浮いてしまわないように、事前にBCのエアーは抜いておきましょう

・また、クリーニング中を狙うのも、オススメです。クリーニング中は、体色が赤くなるので、生態を捉えた写真としても楽しいです

・クリーニング写真は、ホンソメワケベラなどの魚もセットで入れるのが良いでしょう。群れの中でクリーニング中の個体だけ、体が赤くなっているような写真を撮れるとベストですね

関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。