スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレハスズメダイ 写真の撮り方

karehasuzumedai01

カレハスズメダイ(2013年サイパンにて撮影)




● カレハスズメダイの特徴



・ネーミングが残念ですが、確かに枯れ葉のように茶色いスズメダイです

・水中で見ると、口元に少しピンクっぽい色が入っていてキレイです

・また、尾びれの二股にわれた部分なども、個人的にはカッコイイと思っています

・体長は最大で8センチくらいになるようです

・体はやや縦が長く、丸っこい形をしています




● カレハスズメダイを見られるダイビングポイントの例



・サイパン全域でどこでも見られます

・小笠原などにもいるようですね。おそらくあの辺のミクロネシア海域に多い魚だと想定されます




● カレハスズメダイの撮り方



・泳ぎまわっている時は速すぎるので、あまりうまく撮影できません

・他のスズメダイ同様に、巣穴から出てくるかどうかギリギリあたりを狙って撮影します

・一回巣穴まで追い込んでから、少し出てきた当りで捉えます

・上の写真は、サイパンの洞窟ポイントのグロットで、入口付近にいた子を撮影したので、キレイに黒抜きできています

関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。