スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロメガネスズメダイ 写真の撮り方

kuromegane01

クロメガネスズメダイ(2013年サイパンにて撮影)




● クロメガネスズメダイの特徴



・南の方にいけば、そこら中にいるスズメダイです

・そこら中にいるので、スルーされがちですが、圧倒的に美しい魚です。もしこの子がレアで、水深50メートルくらいにしかいないなら、こぞってみんな写真を撮りに行くと思います笑

・体色は、上の青の他に、黄色や紫もいます

・メガネスズメダイという似た魚もいますが、尾びれの付け根が透明なのがクロメガネスズメダイです。メガネスズメダイは尾鰭の付け根が白いです

・大人になると8センチメートルくらいまでなります




● クロメガネスズメダイを見られるダイビングポイントの例



・三宅島以南には結構どこでもいます

・伊豆半島でも、幼魚なら見られます。伊豆にはメガネスズメダイの方が多いみたいです




● クロメガネスズメダイの撮り方



・一般的なスズメダイと同じで、縄張りに追い込んで撮影します

・普通に活発に泳いでいる子はどうやっても近寄れないので、巣穴付近までぎりぎりまで詰めて、これ以上寄ると穴に入っちゃうな、くらいのところから撮影します

・追い詰めると、わりと単調な動きに変わるので、前に出てきたタイミングを狙って、置きピンで撮影します

・ちゃんと寄れないと、背景がぼけず、微妙な感じの写真になるので根気が必要

・ちゃんとスズメダイを撮りたいならタンク1本使いましょう笑

関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。