スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大瀬崎 先端ポイント紹介

siroobi01

シロオビハナダイとナガハナダイ(2013年大瀬崎の先端にて撮影)




● 大瀬崎の先端ざっくり評価



群れ :★★★★(ハナダイとベラの群れは圧巻)
大物 :★(ほぼいない)
マクロ:★★★★★(ハナダイ天国)

透明度:★★★
スキル:初心者~プロまで楽しめる
時期 :いつでも。冬がオススメ

nagahanadai03

ナガハナダイ(2013年大瀬崎の先端にて撮影)




● 大瀬崎の先端で見られる魚



・ハナダイ系が特に豊富です
→キンギョハナダイ:ものすごい群れです
→ナガハナダイ:30メートル付近からかなりの数が群れています
→ミナミハナダイ:30メートル付近から小さい群れがでます
→ホカケハナダイ:20メートル付近に幼魚が出ます。季節次第です
→フタイロハナゴイ:20メートル付近に成魚も幼魚も出ます。季節次第です
→サクラダイ:かなり深めです。外海のほうが見やすいです
→アカオビハナダイ:20メートル付近からいます。雄も立派な婚姻色を出します
→シロオビハナダイ:年によっては35メートル付近に出たことも。普段は深い
→シキシマハナダイ:60メートルくらいですが常にいます

・その他の魚
→ニシキベラ、キュウセン、オトメベラなどベラが浅いところにたくさんいます

hanadai123

アカオビハナダイとキンギョハナダイ(2013年大瀬崎の先端にて撮影)




● ダイビングスタイル・必要スキルなど



・エントリーとエグジットの足場がやや悪い。BCに空気をたっぷり入れて、海に入ってしまい、背面泳ぎ状態からフィンをはくのがオススメ

・海岸線はかなり浅く、そこから少し行くと急激に深くまで伸びる斜面になります

・深場に行く場合も、距離が短くて済むため、深海性のハナダイにも出会いやすいポイントです

・流れは外海に比べればないので、浅めに潜る分には、初心者でも十分楽しめます

・ハナダイをじっくりゆっくり撮るのが、個人的にはオススメのポイントです。世界有数のハナダイポイントですから!笑

・砂地はそれほどありませんが、バタバタするとゴミが舞い上がるので、ハナダイ撮影には禁物です。着底の際は注意しましょう

・先端は、休日しか潜れません。あと潜る際に、神社を通るので、お賽銭100円を忘れずに。

関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。