スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウシマコケギンポ 写真の撮り方

toushimakokeginpo01

トウシマコケギンポ(2013年秋の浜にて撮影)




● トウシマコケギンポの特徴



・小さめのギンポです。カラーバリエーションが豊富で、黒、茶色、黄色など

・岩の穴に住んでいて、わりと同じ場所に住み続けます

・普段は顔だけ出していますが、実はかなり長細い魚です

・目の前を餌が通りかかると、巣穴から飛び出して捕食します。ですので、海藻などを目の前ですりつぶすと、飛び出してきます(餌付け)

・額にあるコケみたいなのが特徴です




● トウシマコケギンポを見られるダイビングポイントの例



・伊豆だとどこにでもいる印象があります。浅場です

・伊豆大島の秋の浜では、5メートル付近にいっぱいいます。密集して暮らしているので、ガイドさんに場所を聞いてみましょう。エントリーしてすぐの場所です




● トウシマコケギンポの撮り方



・基本は逃げませんし、穴に入ってもすぐ出てくるので、練習にはもってこいの被写体です

・基本はとにかくカメラを近づけて接写することかと思います。マクロレンズなどを付けても面白いですね。角度によって表情がかなり変わるので、色々試してみましょう

・上の写真のように、黄色い個体は、背景を青や黒にすることで映えます。黒い個体などはいまいちですけどね

・ひたすら粘り続けて、捕食のシーンを狙うのもありです。少し離れて粘ってると、結構捕食にでてきます(3分に1回くらいは確実に飛び出します)。ただ、捕食の時に、カメラ側に近づいてくれないといい絵になりません。この時注意するのが、カメラ側に飛び出した時に、ピントを元の位置に合わせているとピンぼけします。あらかじめ手前側にピントを併せて、半押しで待ちましょう

・あくびはあまりしませんが、口を開けることはあるので、その瞬間を狙うと、ちょっと間抜けで可愛い表情を撮れます

関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。