スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シキシマハナダイ 写真の撮り方

shikishimahanadai01

シキシマハナダイ(2013年大瀬崎にて撮影)




● シキシマハナダイの特徴



・20センチほどある大型のハナダイです

・平べったく、背びれと胸びれを開いた状態では、遠目に円盤のような形に見えます

・色は赤っぽくもあり、緑がかったレインボーな感じにも見え、不思議な魚です

・婚姻色(?)では、腹ビレが白く光ります

・尾びれの両端が伸びていて、イトヒキ系のハナダイのようです




● シキシマハナダイを見られるダイビングポイントの例



・分布は、南日本~東シナ海、台湾だそうです

・大瀬崎の先端深くに常駐していますが、60メートル付近と、とっても深いので、あまり行く機会はないかと思います

・大瀬崎では、サクラダイやナガハナダイの群れの中に、数匹混じっている感じです

・IOPの深場にもいるようですね

・個体数は少なくないようで、行くところに行けば見られる魚かとは思います




● シキシマハナダイの撮り方



・大きいためピントをあわせるのは割りと簡単です

・また堂々としており、近づくのもそれほど難しくありません

・回りのサクラダイやナガハナダイの群れを脅かし過ぎると、釣られてシキシマハナダイも動き出すので、あまり奇抜な動きはしないようにします

・本当は、背びれと腹ビレ全開の写真を撮りたかったのですが、上の写真は力不足でした。。

・結構動くため、背景はなかなか思うように設定できません。黒抜きするか、回りの小さめのハナダイと一緒に写して、大きさを強調できると本当はいいんでしょうね

・何より問題なのが、大深度との戦いです。相当深いので窒素酔いにも普通になります。行く途中でデコが出るので、冷静に対処が必要です。少しでも危険を感じる前に、浮上しましょう

・深場での窒素酔い対策は、キシマハナダイのページで書いたので、興味があればお読み下さい


▼参考までにハナダイの撮り方について説明したリンクを張ります

シキシマハナダイの写真をうまく撮るコツ(ハナダイ 写真の撮り方)
関連記事

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。